理解を深めて効率よく使おう!テント倉庫の利用者に有益な情報を一挙に紹介

こちらのサイトでは、テント倉庫のメリットやデメリットなどの有益な情報をまとめています。
この倉庫は骨組みにテントを張ることで、中の保管物を雨や風から守ることができます。
事業者の方々の場合、内容によっては通常の倉庫を建てるより安く、安心に利用することができます。
運用で生じるコストや、保管だけではない用途などを解説していきますので、倉庫を建てたい、あるいは早めに必要だという方は一度目を通しておくと良いでしょう。

理解を深めて効率よく使おう!テント倉庫の利用者に有益な情報を一挙に紹介

テント倉庫は骨組みを組んでテントを張ることで、内部の雨風をしのぐための施設です。
有益な情報としては、通常の倉庫よりも安く短期間で設置することができることでしょう。
テントと言っても耐久性に優れた素材で張られるため、10年以上劣化しませんので、初期投資やランニングコストを考えるとメリットが大きいです。
また、テント倉庫を倉庫としてだけではなく、遊技場などの仮の室内空間でも利用できます。
デメリットは、外の気温の影響を受けやすいことが挙げられます。

テント倉庫に関して法的に定められている規格

テント倉庫は法的に定められている規格があり、軽量鉄骨で組み立てた骨組みに対してシート上の膜を貼っていて、広さ・形・使用用途でも条件を定めていて基準を満たしてから建築確認申請を行います。
まずテント倉庫は使用目的が倉庫であることが定めてあり、鉄骨造の骨組に膜材料を張って全ての側面に壁・屋根を設置しないといけません。
膜の材料は建物の長手方向に3m以下の間隔で配置した鉄骨造の骨組みへと定着させ、1階建て・延べ面積は1,000㎡以下で軒の高さは5m以下と決まってます。
屋根の形状は切妻・片流れ・円弧の3つだけです。
必ず膜材料を使う必要があって、国土交通大臣認定している厚さ0.45mm以上の防炎認定生地、厚さ0.5mm以上の不燃認定生地などで伸縮式だと折り畳む面にガラス繊維は使えません。
骨組みの鋼材も日本工業規格(JIS)に適合したものですが、この企画に適合するものと同等以上の品質があれば他の鋼材も使えます。
鉛直部材の張り間方向の間隔は基本的に8m以下、構造の計算で安全が確認されたときは最大で30mにも出来ます。
可動式膜面部分は構造耐力上の安全が確認されたら最大で20mも可能です。

テント倉庫が満たすべき耐震性能の基準

テント倉庫の最大の魅力は軽量鉄骨の骨組みにシート生地を張るだけのシンプルな構造なので、工期が短い・コストが安い・ひし形や三角形などの四角形の敷地でなくても建てることができる、大きく言えばこの3つではないでしょうか。
しかしテント倉庫のメリットである、この3つがデメリットになり得る場合があります。
例えば、いわゆる手抜き工事で工期が短い・品質の悪い材料を使い費用を抑える・倉庫の規模が敷地面積に合っていないなどがあげられます。
では、どのようにしたらこのような悪質業者に引っ掛からないようにできるかと申し上げますと事前にご自身で調べて業者を比較することです。
その際に有効なことは無料の見積もり査定をしてもらうことと、その際に「ISO9001認証」を取得している業者かどうかを見極めます。
このISOは国際標準化機構の略で世界各国で、品質・規格・環境関係を統一するための機構で、9000番台は品質・マネジメントに関する認証です。
そして耐震基準に関しましては、国土交通省の告示667号を満たしているかを確認します。
この2つの要件をクリアしていますと、一定の品質が保たれていますので高品質が期待できます。

テント倉庫は隣地境界からどれくらい離すべきか?

テント倉庫というのは支柱になる部分の骨組みを組み上げた後、屋根部分や壁になるところに布やビニール状のシートを巻いた簡素化した倉庫のことです。
恒久的に使用する倉庫としては耐久性や強度に問題があるので使用には適していませんが、短期間だけの使用であれば簡単に組み立てと撤去ができるので、とても便利になっています。
注意しなければいけないのは、このテント倉庫は突風程度でも倒壊する危険性が高いことであり、設置する際には隣地境界から一定の距離を設けることが必要になります。
この距離については最低でも倒壊した場合に被害が発生しないことが求められるので、支柱の長さに余裕を持たせた程度は隣地境界から離すようにしてください。
ただし、倒壊の原因が風である場合はその力で移動させられることを考慮すると、その倍以上の距離は必要になるでしょう。
テント倉庫は使い方によってはとても便利ですが、簡単に設営できるということは耐久性が著しく悪いということなので、その設営に対しては周囲の状況を把握しておかなければいけません。

グレードによって変わるテント倉庫の価格

テント倉庫とは、軽量な鉄骨を支えとしてシート生地をかぶせたテントの構造と同じ仕組みを利用した倉庫のことを申します。
テント倉庫の魅力は、何といっても価格の安さですがタイトルにもありますようにグレードにより変わります。
もちろん大きくて素材・品質・機能が高ければ高いほど価格は上がることは当然です。
テントに使用されているシート生地は、紫外線・雨風などによる劣化で10から15年ほどで張り替えを検討しなければなりません。
ですのでグレードも大切ですが、必要に応じた機能やサイズを絞り込み費用を抑えることも大切かと思われます。
素材と機能に関しましては、防火・不燃・防水などや通気性の良いメッシュ・中に光をより通しやすい透明や半透明のビニールシートまたは中でイベントなどを行える防音タイプなどが主だった種類です。
利用する用途に欠かせない物から順番に選び出し順位に直しますと、目安になる金額が分かりますので品質を落とさず予算を決めるためのヒントになるかと思われます。

著者:塚越栄三郎

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
テント倉庫を導入する際に知っておきたい、耐震性や運用コストについて執筆しています。
テント倉庫